この町のかかりつけ家庭医です

​頼ってください  家族のように

診断の見える化

最新のデジタルレントゲンやエコーなどを導入しています。レントゲン撮影は従来フィルムやデジタル受像板の現像に相当の時間がかかります。結果を待つ患者さんの心理的な負担が大きかったところを軽減しています。

完全なデジタル化によって、結果を描出するスピードを2秒以下に短縮することができます。エコーも同じくその場で画像がすぐ見れますが、画像診断のプロセスを説明し、より安心していただけるようにしています。

検査結果が早く出る

森田医院では、2005年からシスメックス製の迅速血球計測器を導入しています。採血を行ったら、2分20秒で赤血球数、白血球数などが測定できます。そのほかにも生化学的検査もおおむね翌日朝にはわかるシステムを組んでいます。この装置は2019年にさらに新しい機器に入れ替えており、さらに精度を高めています。

クスリはリスク

医学的に、かつ科学的に治療を行う上においておクスリは欠かせない手段の一つです。

しかし、おクスリがリスクの元になっていることをいつも心に留めておかなければいけないと思います。けして恐るばかりでなく、必要なおクスリを必要最小限度の分量で処方することを心がけています。クスリはリスク。これは私が医者としていわば座右の銘としています。

痛くない・怖くない

​恥ずかしくない

痛いこと。怖いこと。恥ずかしいこと。これら嫌なことをしない医者であろうと常に心がけてきました。例えば森田医院では点滴や採血の時にもできるだけ痛くないように小児用の小さくてずれにくい針(翼状針(よくじょうしん))を使っています。自分が患者さんとして医者にはしてほしくないことを、自分が医者として患者さんにはしない。単純なことかもしれませんが、いつもこれを心がけています。

余裕をもって

​お越しください

初診の方は、時間に余裕をもってお越しください。初めての診察ではできるだけ丁寧な問診をこころがけておりますが、そのため検査の内容によっては意外に時間がかかるケースがあります。

医者くさきは

​医者にあらず

わたし自身はいかにも高圧的な医者っぽいドクターが嫌いです。その昔、わたしがまだ医学生だったころ、祖父がぽつりと言った「医者くさきは医者にあらず」という言葉を今も大事にしています。診療する私のベースになっています。常に謙虚でありたいと考えています。

森田医院の様子

森田医院の最新検査機器

新着情報

元気モリモリ森田医院

​内科・外科・婦人科

●初診の受付は、午前は11:30まで。

午後は18:30までとなります。

●再診の受付は、午前は11:45まで。

午後は18:45までとなります。

〒560ー0003

大阪府豊中市東豊中町6丁目15−22

森田医院 copyrights reserved.